セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
債券や資金調達フレームワークについて、サステナビリティ原則との整合性および発行体による長期持続可能な開発推進への貢献度の見込みを、第三者として評価するもの
メリット
セカンド・パーティー・オピニオン(SPO)
財務戦略のサポート
責任ある投資家からの資金調達
投資家層の多様化と拡大
有利な資金調達コスト、スムーズな案件実行、応札需要の拡大
サステナビリティの開発と取組みを伝える
コーポレートサステナビリティへの取組みの強化
プロジェクトのサステナビリティへの貢献度や、イノベーションと持続可能な開発へのコミットメントの実証
債券やローンによる調達資金のサステナビリティ原則との整合性の評価
市場参加者に向けた透明性の向上
投資家、規制当局、業界関係者などに向けた、取引のサステナビリティ・バリューの明示 
投資家やレンダーに向けた、金融商品や資金調達フレームワークの情報開示の可視性の提供
特徴
ポイントインタイムアセスメント(公開・非公開で提供)
年1回更新(お客様によるオプトアウトが必要です。)
発行者は、SPOレポートの送付から45暦日以内に公表を拒否することができる
フレームワークまたは金融商品のサステナビリティ品質の信頼性をSQ1(最も良い=best)からSQ5(最も低い=worst)の5段階評価で表示するサステナビリティ・クオリティ・スコア(SQS)を含む
現地の規制に基づき、あらゆるセクターでグローバルに利用可能
公開されたSPOは、MDCの発行体ランディングページに掲載され、ESGクレジットとサステナブル・ファイナンスのトピックページで閲覧できるようになります。
資金使途またはサステナビリティ度(KPI)に基づくアプローチにより発行またはフレームワークを評価
英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、韓国語、中国語、日本語での翻訳が可能です。
利用方法

調達資金のサステナビリティインパクトおよびフレームワークやサステナビリティ原則との整合性を明示

債券発行およびローン組成のサステナビリティ認証について評価の詳細を提示

評価可能な商品の種類無印・従来型債、気候変動債、ブルーボンド、持続可能な開発目標債、移行期債など





免責事項(複数可)


セカンド・パーティ・オピニオンは、シンガポール通貨監督庁の規制の対象ではありません。

セカンド・パーティ・オピニオン(SPO)は「信用格付」ではないことにご留意ください。SPOの開発・提供は「信用格付業」ではなく「関連業」に該当し、日本の金融商品取引法およびその関連法規に基づく「信用格付業」に適用される規制の対象ではありません。"

分析の担当
格付を取得している場合、通常、リード・アナリストがRAS分析を行います。
格付を取得していない場合は、セクターでの経験と分析能力に基づいてリード・アナリストを決定します。
RASの結果はRAS委員会が決定します。